「 中国 」 一覧

損しかない人間関係を受容できる?日本兵 石田東四郎の異様な話

石田東四郎という日本兵をご存知でしょうか?以下のような、過酷な人生を歩んだ人物です。 日本兵 石田東四郎の一生 中国で記憶を失った日本兵 石田東四郎は1912年に、秋田県で生まれた。 25歳の頃、日本 ...

今どき儒教で塾通い?!中国の未来が明るい理由

これは時代劇の撮影場面ではありません。 現代の中国で、子供向けの塾として人気を集めている国学館の一風景です。 いま、中国では多くの若者が、日本人が驚くような価値観で育てられています。   中 ...

新型コロナウイルスは生物兵器?どこで生まれた?BCG仮説が導く答え

3月8日付の前記事「中国が原因じゃない?!深い罪を示唆するコロナウイルスの謎」の時点ではまだ、新型コロナウイルスによる死者が最も多い国は中国でした。 その後、今日までコロナウイルスはヨーロッパと北米を ...

中国が原因じゃない?!深い罪を示唆するコロナウイルスの謎

2020年初めから世界的な騒動になっている新型コロナウイルス(COVID-19)問題。 調べてみると、表向きの報道以上の深い闇を感じさせるウイルスです。 実は患者数が少ない!中国人観光客の多い国 現在 ...

終身雇用制度の元祖はパナソニック!実は不況に適した制度?!

現在、日本において終身雇用制度は、利害や損得の視点で語られることが多いです。それは、わたしたちのほとんどが終身雇用制度を、当事者の立場で見ているからでしょう。どちらかというと時代遅れとして否定されがち ...

黄色人は白人より知能が高いのに、白人が世界の覇権を握った理由

世界でもっとも知能が高いとされている人種は、黄色人です。 (関連記事:「世界のIQランキング。日本人が知らない民族の序列 」) しかし、現在、世界で覇権を握っているとされている民は、アングロサクソンを ...

A級戦犯と呼ばれた男 徳富蘇峰で知るイギリスと日本の溝

徳富蘇峰(本名:徳富猪一郎)氏について、ご存じの方はあまりいないのではないでしょうか。 軍国主義時代の日本で、一般大衆に持て囃された人気ジャーナリストです。 なんでも夏目漱石の大衆文学「吾輩は猫である ...

日本から文化を奪う国々 日本人に本気で中国語を学んでほしい理由

題のように「中国語を学んでほしい」なんて文を見ると、隣国との交流云々といった記事を予想する人が多いんじゃないかと思います。 しかし、ここで扱うのは、そんな内容ではありません。   日本の高度 ...

アメリカ人は中国が超大国になると思う?意外な調査結果

中国を隣国にもち、国土をアメリカ軍に囲まれてる日本という国にとって、アメリカと中国の関係は、大きな関心事ですね。 日本という国の将来を占う上でも、重要な鍵といえるでしょう。 今回、おなじみアメリカの大 ...

なぜ中国人の移民は成功しやすい?かつて日本人も持っていて失ったもの

前記事「アメリカに住む日系人 他アジア系と違う点は?」で触れましたように、1910年から1960年頃まで、アメリカでもっとも多いアジア系は日系でした。 しかし、その後は他アジアが増えていき、今は中国系 ...

中国人の地域ごとのIQが一目でわかる地図 日本人のルーツとの関係は?

前回記事「世界のIQランキング。日本人が知らない民族の序列」に引き続いて、今回は中国の地域ごとの平均IQの差を紹介します。 中国の地域ごとの平均IQ値がわかる地図 中国国内で実施された調査によると、各 ...

なぜアメリカ人やイギリス人はイノベーション力が豊かなのか

※前記事「海外からみた日本人によるアイデア商品」の続きです。 ここ数年、世界で難民問題が大きな課題となってますね。 特にシリア難民問題は、ヨーロッパの政治にも大きな影響をおよぼしています。 シリアとい ...

中国人からみた中国人研修生

かつて多かった中国人研修生たち 10年近く前、琵琶湖の近くの企業が中国人研修生たちを雇い入れていました。 農村育ちの彼らは、食料をスーパーなど店で買うのではなく、カエルや鳥、魚などを自分たちで狩って、 ...

孔子の正体はモーセ?中国人はノアの子孫?近世ヨーロッパの中国観

かつて中国に惹きつけられ、中国に行ったこともないのに中国に関する書物を発表したヨーロッパの知識人がいます。 その人はアタナシウス・キルヒャー。17世紀のドイツの学者で、ヒエログリフの科学的研究や伝染病 ...

アメリカの調査機関が世界に広めてる日本人像

ピュー・リサーチ・センターはアメリカの有名な調査会社です。 安倍政権が発足してまもなく、中国包囲網が話題になった頃、東南アジアおよび世界各国の日本への好感度調査の結果がよく話題になりましたね。あの調査 ...

あなたも神々の子孫?日本人の姓と神道の関係

海外の文章を翻訳していたとき、ある面白い記述にぶつかりました。 奈良時代に書かれた「新撰姓氏録」によると、日本の松野という姓の者は,古代中国の呉の国の王、夫差の子孫であるというのです。 「夫差」とはw ...

米国CNNが伝えるアフリカと中国の関係のその後

数年前、日本のマスコミが中国のアフリカに対する投資の多さをよく取り上げていた時期がありましたね。 しかし、最近はあまり聞かなくなりました。 中国とアフリカ、そして欧米との関係は現在、どうなっているので ...

中国人の地域ごとのDNAハプロタイプ一覧はこれ!日本人のルーツとの差は?

日本人のY染色体ハプロタイプ、いわゆるD2(2014年以降はD1b)やO2bといった遺伝子情報にまつわる話題は、日本人のルーツを科学的に考えたい方にとって欠かせないものですね。 日本の研究者、知識人の ...

中国ではびこる「レンタル白人」とは?

中国のビジネスマンの間では、重要なイベントの際、白人の役者を雇って彼らの近くに立たせるということがしばしばあります。 CNNの記事によると、なぜなら中国人からみると欧米のビジネスマンは成功している、そ ...

犬だけじゃない!中国では鳥も散歩させる!

鳥の散歩とは? 中華圏では「遛鳥(遛鸟 Liùniǎo)」と呼ばれる慣習があります。 いわゆる「鳥の散歩」です。 公園などに鳥かごを持ち寄って、鳥に外を楽しませてあげる感じでしょうか。 ちなみに犬の散 ...

アメリカでも中国でも通じる日本語。それは・・・

世界に通じる日本語というと、どのようなものが思い浮かぶでしょう kaizenとかkawaiiとかは有名ですね。もちろんsushiも。 でも、それだけじゃありません。 中国の大手通販サイト陶宝(タオバオ ...

知られざるシンガポール反日感情の理由

「シンガポール 反日感情」というキーワードで検索すると、最初のページで2件の産経新聞の記事がヒットします。 2014年2月の記事 「反日教育をやめた華人の国・シンガポール」http://www.san ...

いつのまに下がってた中国の自殺率、でも?アジアの意外な自殺率ランキング

10年ほど前、中国が発展してきたことが日本でも話題になるようになってきた頃、中国で自殺が急増しているというニュース番組の特集を見たことがあります。   改革、解放で経済発展するにつれ、仕事と ...

世界にある神道に似ている宗教と、その民

神道は日本独自の宗教といいますが、神道に似ているところのある宗教は海外にはないのでしょうか? 八百万の神を語るときによく使われる万物に魂が宿るという発想(アニミズム)は世界の多くの土着宗教で一般的に見 ...

日本皇室は中国の呉の王族の末裔なのか

日本の皇室が中国の紀元前春秋時代の呉王朝の末裔だという説があるのをご存じでしょうか? 日本のwikiにも少し載っています ちなみに中国では倭人を「呉の太伯の子孫」とする説があり、それが日本にも伝えられ ...

博美犬ってどんな犬?日本人が知らない中国語の犬の名前

以前、月季花って何の花?日本人が知らない中国語の花の名前で 中国語と日本語の名前の違いをいくつかあげましたが 花だけでなく、犬の名前もすごいのがあるんです。 早速、記事タイトルの「博美犬(Bóměi ...

地竜って知ってる?それは犬のマタタビ

中国語で地竜という生き物をご存知ですか? ファンタジーに毒されてる日本人の一人としては大地を司るドラゴン?とか思っちゃいますけど( ^^) _旦~~ 特徴をあげると ・独特のくさい臭いがある ・死骸は ...

no image

信念のあるパクリとは? パクリの価値と日本の変化

以前テレビでも紹介された、セメダイン発祥の逸話をご存知でしょうか? セメダインはイギリスの接着剤、メンダインをもとに国産の接着剤を作ろうと目指してできたものです。 "(セメダインの商品名には)メンダイ ...

no image

占い大国、中国ではあんなものでも占っちゃう

台湾女性の整形手術といえば人相占いの結果を良くするためにホクロを取ったりする手術が多いと聞きます。 日本や韓国での瞼を二重にしたり、鼻を高くしたりといった美容整形とは同じ整形でも目的が違うとか。 よく ...

no image

「俺の彼女と青梅竹馬が修羅場すぎる!」

日本では幼馴染のことを「筒井筒の仲」と言ったりします。 平安時代の伊勢物語の逸話に由来した呼び方ですね でもgeogleで検索かけてみると、最近はあまり使われてないのかな? 筒井筒とは丸い井戸の竹垣の ...

Copyright© 日本のwikiには載ってないこと , 2016 All Rights Reserved.