「 アメリカ 」 一覧

昭和までの大金持ちと、日本を貧しくした現代の大金持ち その違い

日本が貧しくなった理由は、時代に取り残されたのでもなく、不運なのでもなく、なるべくしてなったのです。失われた30年の間に、世界にいくつもある貧困国の民と同じメンタリティを持つ人が増えてしまったというだ ...

コロナ問題の真相?私が考えるアングロサクソンミッション

前々回からの記事において、私は新型コロナウイルスが生物兵器であった場合、開発したのは中国ではなく、イギリスとその同盟国アメリカの可能性が高いと述べてきました。 これらの推測が「アングロサクソンミッショ ...

新型コロナウイルスは生物兵器?どこで生まれた?BCG仮説が導く答え

3月8日付の前記事「中国が原因じゃない?!深い罪を示唆するコロナウイルスの謎」の時点ではまだ、新型コロナウイルスによる死者が最も多い国は中国でした。 その後、今日までコロナウイルスはヨーロッパと北米を ...

今の日本人は日本人ではない。「現代のローマ帝国」アメリカの属州とは?

前記事で自国を現代のローマ帝国だとみなす説がアメリカで人気だと紹介しました。 アメリカを現代のローマとすると、その敗戦国である日本は奴隷の供給元であるローマの「属州」にあたります。 「属州」とは? 大 ...

「現代のローマ帝国」アメリカと敗戦国日本

アメリカでは「アメリカ合衆国は現代のローマ帝国」という解釈が人気があります。 多くの学者や知識人がアメリカと古代ローマ帝国の歴史の類似性について学説や記事を発表しています。自著でこうした説を紹介してい ...

ディープ・ステートはあるのか?アメリカ国民も認めるカースト制度

トランプ政権になってから「ディープステート」という言葉をよく聞くようになりました。 アメリカには合法的に選挙で選ばれた人々とは別の、独自のコネクションで繋がった組織(ディープ・ステート)があり、彼らが ...

上流階級WASPが行く学校 アメリカ聖公会の教育方法

ボーディングスクールとは富裕層の子息を対象にした全寮制の高校です。 (→前記事「ハイスクールに行かないアメリカの富裕層たち。上流階級の学校とは?」) アメリカにはプロテスタント聖公会のボーディングスク ...

ハイスクールに行かないアメリカの富裕層たち。上流階級の学校とは?

わたしたちは英語で高校をハイスクールと訳しますね。 しかし、アメリカ人がみなハイスクールに行くわけではありません。 アメリカには富裕層向けのボーディング・スクール(boarding school)とい ...

トランプ ファミリーと共産圏を結ぶ3つの縁 アメリカの敵は誰か?

ユダヤ系クシュナー家はソ連からの移民 I am Jewish, but not Orthodox. But I have never heard of an Orthodox woman who wo ...

アメリカ人が移民する国ランキング 移民の国からどこに行く?

アメリカは移民の国だといわれています。現在も世界から多くの移住者を受け入れています。 しかし、その一方で、母国アメリカを離れて海外に移民したがるアメリカ人も増加の傾向にあります。 今回は英語版wiki ...

現代人に刺さる!ロックフェラーの知られざる不運な弟の話

ロックフェラー財閥の創始者は、ジョン・ロックフェラーと弟のウィリアムです。 一般的にロックフェラー兄弟というと、この二人を指しています。 しかし、実はジョン・ロックフェラーには、もうひとり、弟がいまし ...

ユダヤじゃない!父は犯罪者?知られざるロックフェラー家の実像

日本ではユダヤ系と思われがちなロックフェラー財閥。 しかし実際はユダヤ系ではありません。 そして、創始者ジョン・ロックフェラーと、その放埒な父は、まるでドラマのように対照的でおもしろいです。 目次 ロ ...

世界の頂点 アメリカ上流階級の憂鬱

先祖からの利権や財産を維持し、アメリカを現在のアメリカらしくしてきた古い家系の上流階級たち。植民地だったアメリカを世界一の超大国までリードした偉大な家系です。 (関連記事: 「上級国民WASPとは何か ...

なぜアメリカの真似をする国は失敗するのか?理由は2種類の白人たち

世界で最もアメリカへの憧れが強い国、それはフィリピンでしょう。 しかしフィリピンはASEANの中でも経済的に下位グループに位置し、第三世界扱いされています。治安も悪いです。 (関連記事:「白人の真似ば ...

先進国は精神論が好き?論理的になるほど貧しくなる日本

現在、一般的に日本において、論理的であることは、よいことだとされています。 もともと昭和までの日本人は、情緒的な民であると自認していました。彼らが論理的な民だと考えていたのは、欧米人でした。 (関連記 ...

日本人と違う視点?!中国人が考えるフィリピン没落の理由8つ

以下は中国のネット上にある「菲律宾从亚洲第二富裕国,沦落到贫困的原因(アジアで二番目に豊かだったフィリピンが没落し貧しくなった原因)」です。 もともとは個人的な意見のようですが、評価が高いのか、あちこ ...

若い世代ほど知ってほしい トヨタ以上だった日本の栄光 ソニーの凋落(上)

現在、日本で一番の企業というと、トヨタを思い浮かべる方が多いでしょう。若い方ほど、そうでしょうね。 しかし、少なくとも1990年台までは、日本で一番の企業というと、ソニーを挙げる人が圧倒的でした。 ( ...

大卒が社会に増えるほど貧しい国になる 日本の怪

OECDによると、日本の25歳-64歳の人口における大卒の割合は51.4%だそうです。 2000年時点では33.6%だったのが、世代交代が進むにつれて増え続け、ついには労働人口の半数を超すまでなりまし ...

白人の真似ばかりの国 フィリピンは日本の未来か?

近年の日本はちょっとした北欧ブームですね。 マスコミは北欧式のライフスタイル、北欧式の教育、北欧デザインの商品について頻繁に取り上げています。 私が持っている他のサイトでも、北欧関連は特に人気がありま ...

なぜ保守的な若者が多いのか?意外に簡単なその理由

褒める教育で育てられたはずの若い世代は、もっと自信をもって積極的に困難に挑戦する人が出てきてもよさそうなものなのに、かえって慎重になり、上のどの世代よりも保守的になっているように見えることすらあります ...

金正恩の一族が実は信者?!キリスト教と北朝鮮とアメリカ

現在、テレビ等でよく顔を見る金正恩氏の祖父は金日成(キム・イルソン)といいます。 金日成は金王朝と揶揄される今の体制の創始者です。 今の北朝鮮の独裁体制も、格差社会も、喜び組も、彼あってのものです。彼 ...

日本から文化を奪う国々 日本人に本気で中国語を学んでほしい理由

題のように「中国語を学んでほしい」なんて文を見ると、隣国との交流云々といった記事を予想する人が多いんじゃないかと思います。 しかし、ここで扱うのは、そんな内容ではありません。   日本の高度 ...

ノーベル賞受賞者はツチノコ世代

近年、将来的に日本のノーベル賞受賞者の減少が見込まれるという記事がよくみられますね。それらの多くは、研究資金の減少をはじめとする環境悪化のせいと主張しています。 ことし3月、世界的な科学雑誌「ネイチャ ...

アメリカ人は中国が超大国になると思う?意外な調査結果

中国を隣国にもち、国土をアメリカ軍に囲まれてる日本という国にとって、アメリカと中国の関係は、大きな関心事ですね。 日本という国の将来を占う上でも、重要な鍵といえるでしょう。 今回、おなじみアメリカの大 ...

アメリカ国籍がもらえなかった戦前の日本人移民たち

アメリカによる日系/日本人差別というと、よく取り上げられるのが戦中の強制収容所ですね。 この収容所や第442連隊戦闘団のことは、戦争の起こした悲劇として、今でも日本人の間でよく話題になります。 でも、 ...

なぜ中国人の移民は成功しやすい?かつて日本人も持っていて失ったもの

前記事「アメリカに住む日系人 他アジア系と違う点は?」で触れましたように、1910年から1960年頃まで、アメリカでもっとも多いアジア系は日系でした。 しかし、その後は他アジアが増えていき、今は中国系 ...

アメリカに住む日系人 他アジア系と違う点は?

読売系列ネットの発言小町のスレッド「海外にて。日本人の敵は日本人?と思うとき 」に投稿されたいくつかを以下に紹介します。 2010年のものですが、"いかにも日本人らしい"逸話にあふれてると思います。 ...

バブル期に日本は何をしくじった?~孤独なコスモポリタン

みなさんはバブル期に対して、どのようなイメージを持っているでしょう?   就職活動の面接にも交通費が出たとか、社員旅行は海外だったとか、景気のよい武勇伝がよく出てきますね。 中国人の爆買いに ...

日本の住宅は本当に西洋の住宅より短命なのか?

一般的に日本の住宅の寿命は短いとされています。 「コマツ工房」という企業のサイトによると、27年ぐらいだそうです。 築20年で資産価値がゼロに近くなるともいわれています。 一方、欧米の家屋の寿命はアメ ...

なぜアメリカ人やイギリス人はイノベーション力が豊かなのか

※前記事「海外からみた日本人によるアイデア商品」の続きです。 ここ数年、世界で難民問題が大きな課題となってますね。 特にシリア難民問題は、ヨーロッパの政治にも大きな影響をおよぼしています。 シリアとい ...

Copyright© 日本のwikiには載ってないこと , 2016 All Rights Reserved.